職種は大きく分けて4つある

アルバイト先をホテルに選んだ方のケースでは、非常に数多くの職種が用意されていることになります。ホテルでは衣食住を提供していると言うこともできるために、その仕事範囲は多岐にわたっています。大きく分けると4つの分野になり、1つはフロント業務になります。フロントでは予約の受け付けから利用者の対応、会計などを担当することになり、同時に案内係として活躍できる場面も用意されています。ここでは正しい敬語の使い方や接客マナーが身に付きます。2つ目は客室係に相当する仕事があり、例えば客室内の清掃作業やアメニティグッズの設置なども大切な業務として挙げることができます。この業務をこなしている人は、自宅での片付け方の段取りが上手くいくようになったと喜ぶ人もいます。3つ目は業務部門として運営されている職種になり、例えば経理業務や総務業務、売店等での物販や自販機の管理なども含まれる傾向にあります。黙々と仕事をこなすことが好きな人に向いています。最後に飲食部門などを用意していることも多く、レストランなどが入っている施設の場合では、厨房での作業全般を担ったり、ウェイターやウェイトレスとして利用者と対面して仕事を行う場面があります。ホテルでのアルバイトの場合では、表に出て積極的に利用者と関わるような仕事から、裏方的な存在として業務を遂行する仕事も多々あります。その結果として適材適所を把握することにも向いている一面を持っていて、例えばコミュニケーションに自信を持っている方のケースでは、より一層能力を高めるためのステージが用意されています。逆にコツコツと仕事をこなすタイプの方のケースでは、裏方であっても十分に活躍できる場所を見つけることができ、それぞれ一定の技量を身に付けることに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です